わんわん帝國 ヲチ藩国

電網適応 アイドレス 2008年4月より再始動  現在ターン12(βテスト)中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

掲示板ゲーム(仮掲示)

読み物的にしてみました。ただ、勝手にやってしまったので仮掲示です。
『オッス、オラ藩王』
・・・・・・・・・・・・・・。
『まぁ、出だしから大怪我したわけだが、それは私の精神的外傷(トラウマ)になるだけなので今回のこの場とは全く関係ない。この場、つきやま嬢発案の起家試験に多数合格をだしたお祝いという趣旨のパーティーらしいんだが、このパーティーの準備に多くの者が巻き込まれ・・・・ゴホン、尽力してくれたと言う事で、まずその者達にお礼を言いたいと思う。そうだな、少しだけだが紹介していこう。マズは、事の発端から・・・・』



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ゲーム概要

立て続けに起こった大規模な戦闘にも一区切りがつき、藩国にもようやくひとときの平和を甘受する日々が訪れていた。
初夏のやや汗ばむほどの好天の下、あなたが王城の中をぶらぶらと歩いているとむこうから目をぐるぐるにしたつきやまさんが歩いてきて、あなたを見るなり薮から棒にこう切り出した。
「パーティやりましょう!」
自分の思いつきで一杯になった彼女からなんとか聞き出したところでは、『先頃行われた帝国の組織強化のための起家試験に当藩国からも多数合格者が出たことをお祝いしましょう』という趣旨らしい。
反対するほどの理由もなく彼女についていくとそこには同じように声をかけられた数名が集められていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『藩国一のドジっ娘さんという事で、まず最初に思いつく費用をどうすんだ、と言う事は一切触れられてない。うん、おかげで3年先までお小遣いは一切無い。うん、平気。負けない。強く生きてく。・・・・・あぁ、話を戻そう。声をかけられたのはGULE摂政、od君、liang君、砺波執政、レオン君の5人だった。皆、作業を分担して準備に取り掛かった。その中でも、砺波君の行動が一番早かったようだ』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●砺波さんRP

あたふたしているつきやまさんから話を聞いた僕は急いで会場を探す事にした。
幸い、仕事柄パーティや催し物の会場設営等は慣れている。
「えっと、いつものメモ書きはっと・・・あっ、これだこれだ。」
いつも持ち歩いている辞書には今まで使った会場の名前と住所がびっしり。
「ひょっとしたら、あの人が来てくれるかもしれないしね…ちゃんとした、いい場所取るぞーー!!」
試験合格の勢いも手伝って、俄然やる気になった僕は急いで会場探しに奔走する事にした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○判定結果

努力の甲斐あって、貴方は会場を確保することができました。少し古いですが国内では格のあるホテルの宴会場に執政の顔で予約を入れて一安心です。ただ、急な話なので料理までは手が回らないということでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『さすが砺波執政だ。仕事は正確に的確にきっちりこなす。いつも無駄に追いかけっこばかり挑んでくるどっかの誰かさんにも見習わせたい。まぁ、食事関係まで手が回らなかった事を突くのは酷と言うものだろう。だいたい、それは別の2人が手を回してくれたようだ。さらに言うなら、この後の素晴らしい余興にも期待して欲しい』


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●レオンさんRP

つきやまさんの突然の宣言が終わると、僕はすぐに自転車を拝借して町に飛び出した。
ホテルの手配はとなみさんがやってくれるんですね! じゃあ、僕はお菓子とかの手配をします! と、こんな塩梅だ。
一応、お菓子の盛り付けとか飾りつけはホテルの人に手伝ってもらうつもり。
なんといっても、下手すると毛が入っちゃうからね。僕の場合。
勿論、予算は貰ってある。普通のお菓子とかを買うなら十分な量だ。

・・・・・・・・にやり。人知れず、僕は笑みを浮かべた。
だって、買い物担当って事は好きな物買えるって事で。自分の好物を多めに仕入れるのだって自由自在!
パーティ用品も買うとなると、自分ひとりだけネタがわかってる、マジシャンみたいな存在になれるわけだ。
これが、笑わずに居られるだろうか? そもそも、買い物担当は地位が低く見られがちだが・・・・・・(略)

「はっ! まずい、自分の世界に入っちゃってた」

確認すると、1件目の店である「ビックリドッキリドンキーの店」の行程の半ばまで進んでしまっていた。
おおっと、まずいまずい。もうひとつ、パーティといえば歌のひとつも歌わなきゃね♪

僕は胸元から小笠原で拾ってきた貝殻を握り締めると、一度だけ見た景色を思い浮かべた。
僕達の国には無い、透き通るような海。暖かい空気。見たことも無い魚や植物。
あの時はとても急いでいたけど、いつでもこの貝殻を握れば、光景が思い出される。
海の匂いも、匂って来る気がする。それくらい、僕にとっては衝撃的だった。

さあ、歌の練習を始めよう。あの時見た光景を、伝えられるような歌を。
そうして僕は自転車をこぎながら、ゆっくりと歌い始めた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○判定結果

海の歌に没入していたあなたはあやうく目指す店の前を通り過ぎるところでしたが、店のテーマソングが耳に入ってブレーキをかけるのに間に合いました。
店の中を飛び回る勢いで要領よくお菓子とパーティグッズを選んだあなたは、帰りの自転車のペダルを漕ぎはじめます。歌の練習をする時間はたっぷりありそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●odさんRP

砺波執政が会場を予約したのを見届けると、食事の用意をしなければと考えた。
参謀のレオンがすでにお菓子などを買いに行ったようだが、
やはりそれだけでは物足りない。
もっとも、そういうことを言っているからこの体格という話もある。

政庁のコンピュータにログインすると、
藩国王都の地図を表示する。
コマンドを叩くと地図にオーバーラップして、
王都にある全ピザ屋の所在が表示された。
どうでもいいが、軽く公的設備の私物化である。
そのまま仕事のようなツラをして会場との距離と時間差を割り出すと、
各々の店に注文を開始。
おそらく、1件だけに頼んでいたのでは数は揃うまい、
という判断である。

キーボードを叩きながら、注文先と注文数をメモに書き留めていく。
ネット注文可能なあらかたの店に注文を出し終えると、
のこりわずかの店に連絡をとるため受話器を手にとった……

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○判定結果

すばやい行動が功を奏し、あなたはパーティの開始時間に人数分のピザが揃うように注文を出すことに成功しました。
会場には熱々のピザがあなたの計算で50人分… 80枚ほど届くはずです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『2人とも、急な話だったというのに、良くこれだけの人数分の食べ物を用意してくれた、ありがとう。odくんの用意してくれたピザはまだこれで全部ではないらしい。どうやら、取っておきの隠し玉があるみたいだ。レオン君の歌と共に期待していよう。そして、先ほどから皆も気付いていると思うが・・・・正直、ビックリした。そんな特技があるなんてな』


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●liangさんRP

「う~ん…もう一回、頭から通してやるぞ…1・2・3!」
そこはヲチ藩軍楽隊の練習室、号令と共に、防音が施された部屋に、勇壮なトランペットの音が響く。
「待てぃ!」
ある程度進んだところで、アンサンブルのリーダーが、演奏を止める。
「ちょっと早い、あと少し、ちょこっとだけ遅くしよう。」
どうやら、演奏のテンポが速すぎたらしい。
「そうすか?120ならこんなもんじゃ…」
メンバーの一人が口を挟む。
「いや、早い!」
そんなメンバーの意見を一刀両断にするリーダー…つまりliang。
「この曲はそんなにあせって吹くんじゃない…はい、もう一度頭から…1・2・3!」
パーティー開始までの時間は残りわずか。
彼らは、それに間に合わせようと(パーティーの準備は他の人に丸投げして)必死で練習に取り組むのであった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○判定結果

普段とは打って変わった強気な態度で軍楽隊メンバーを指揮したあなたは、パーティまでに数曲を仕上げることに成功し、
即席のアンサンブルとしてはなかなかの成果を得ました。明日から「楽器を手にすると人が変わる」という噂が広まるかもしれませんが…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『うん、これからはトランペットを持ったliang君には逆らわないようにしよう。しかし、このパーティーにピッタリのBGMだ。・・・・そうだな、皆の色々な面白い一面を見れた事だし、この場へ連れてこられた事、それほど悪くなかったと言えるか』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●GULERP

「藩王さまっ!」
「・・・なに?」
「・・・何で今日に限って執務室なんですか。城の外まで探しに行った自分の立場は一体」
「そんなん知らんがな」
「とにかく、一緒に来てもらいますからねって逃げるなおんどれはっ!」
「はなせーっ、何か危険な匂いがするから離せーっ!」
「国民の皆が、がんばって準備してるんですよ!自分だけ知らん振りする気ですか?!」
「・・・どういう事?」
かかった、とニヤリほくそ笑む。GULEはしれっとした顔で嘘を吐き始めた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○判定結果

すっかり騙された藩王を伴って貴方はパーティ開始時刻より早めに会場入りしました。
数人がばたばたと手作りの横断幕などで会場に飾り付けをしようとしているのを眺めた藩王は、
一緒になって飾り付けの位置決めの指示を出したりしはじめ、あなたが逃すまいと
出入り口に陣取っているのに気づかないようです。
パーティ開始時刻が迫るにつれ、会場に集まってきた王城職員たちの嬉しげな驚き顔に囲まれて、藩王は完全に逃げ時を失いました。
   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『ただ、何故か負けた気分だ。非常に悔しい。と、まぁこんな感じでパーティーに漕ぎ着けたわけだ。つきやま君を初め、パーティーに尽力してくれた諸君に最大の感謝を。ありがとう。・・・・ん?挨拶はもういい?何か一発芸をやれ?よろしい、では一番ヲチ、キグルミを着ます!』
野次と、椅子が飛んできて、藩王は撃沈された。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○ゲーム結果

パーティ開始時刻になるといったん会場の照明が少し落とされ、つきやま嬢が壇上に登った。

『ありがとうございます。みなさまのおかげで、即日思い立ったにしてはとても立派なパーティを開くことができました。
このパーティはみなさまもご存じの通り、先日の帝都における出仕資格試験に合格された皆様を--(不肖わたくしめもその末席に名を連ねることができましたが)--おほん、みなさまをお祝いするものであり、堅苦しいことは抜きにして楽しくやりましょうという趣旨のものでもあります。お手元のお飲み物はそちらにおられる藩王様から差し入れていただきました。どうぞ楽しいひとときを過ごされますよう』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
EDロール 砺波さん

つきやまさんが壇上で挨拶をしている姿を見て胸をほっと撫で下ろす。
「何とか間に合ってよかったぁ…」
今日はあの照れ屋な藩王もおられるみたいで、嬉しい限り。
「でも、やっぱりあの人は来てくれなかったなぁ…」
まぁ、仕方ない。それに頑張ってたら、いつかは僕の事を少しでも見てくれるはず。
今日は、とりあえず祝賀会を楽しむとしよう。
liangさんとレオンさんは音楽を奏でてくれて、いい感じだしね。
そうだ、せっかくだからダンスでも踊ろうかな。
誘えそうな人は…あっ、いたいた。

「つきやまさん、良かったら踊りませんか?♪」

この後、踊れたかはまた別のお話。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
EDロール GULE 

つきやま嬢が壇上から降り、続いて周囲の者達から担ぎ上げられるようにしてそこへと押し上げられる藩王を、会場の壁際で一人見ていた。
自分がこのパーティーのために出来る事はここまでだ。
乾杯のために持っていたグラスを近くのテーブルへと置くと、会場を去る。

後ろから、藩王に何か一発芸を求める声が聞こえてきた。
少しだけ、顔がほころんだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
EDロール odさん

挨拶を終えたつきやま嬢が壇を下りていく。
階段で転びそうになって大ぴんち、とかいうお約束はまぬがれたらしい。

軍楽隊を指揮したliangがアンサンブルを、
菓子類を調達してきたレオンがいつのまにか練習していたらしい歌を披露するなか、
つきやま嬢と入れ替わるように藩王が壇上に押し上げられた。
砺波はフロアに下りてきたつきやまになにやら声をかけている。

odはパーティーの開始時刻を少々まわった時計を見ると、
そろそろか、とつぶやいて会場の入り口に向かい始めた。
注文したピザは時間までにほとんど届いていたが、
肝心の一軒からの便がまだ着いていなかった。

その店は、当今ヲチ藩国ですら珍しく
ネット注文などにはまったく縁のないところだった。
バーティー準備の際、odが電話で注文したいくつかの店のひとつである。
自慢の薪窯で焼き上げられたピザは絶品で、
そしていつもほんの少し遅れて届くのがお決まりであった。
odいちおしの隠れた名店である。

他のピザはすでに封を開けられて
出席者のめいめいが舌鼓を打っているはずだったが、
こればかりはパーティーの準備に奔走した、
わけても開催そのものを企画した本日のMVPたちに
焼きたてを味わって欲しかった。

会場の玄関を出ると、ちょうどピザ屋の亭主が
面白くもなさそうな顔で原付を飛ばしてきたところだった。
もっともこの亭主、和やかな顔をしているところなど一回も見たことはない。
支払いを済ませると、ピザの箱を受け取って再度会場に……

と、出てきたGULEとぶつかりそうになった。
くるりと回ってバランスを取り戻す。
「どうしたんですか、GULEさん。タバコでも一服やるつもりで?」
なにごとか、はっきりしないことをつぶやくGULE。
「まあ見てくださいよ、こいつが来なくちゃはじまりませんよ」
ピザの箱をわずかに開けてみせるod。香ばしく焼けたチーズの香りが漏れる。
「さあ戻っていただきましょう、熱いうちに!」
ピザを抱えたodは、GULEをひきずるように会場に戻っていった……

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
EDロール レオンさん

練習した歌は、それなりに好評だったみたい。
大きなミスもなく、まずは一安心と言ったところかな?


みれば、藩王様が壇上で色々な人にもみくちゃにされていた。
更に、一部ではダンスまで始まっている。微妙に乗り遅れたか・・・・・・・・

いや、これは好都合だよね?
まず、耳栓を用意。これないと、クラッカーとかの音がきついんだよねえ。
そして、会場のみんなの目を盗んでドッキリグッズを設置。
なんていうか、もっと無礼講やってもいいよね? などと考えながら、更にテキパキとパーティグッズをテーブルに配置。流石にパイ投げまでは用意してないけど。

一通り配置が終わると、会場の方も一通り落ち着いたみたいだ。
後は、仕掛けるだけ! とは言え、あんまり知らない人相手に仕掛けるのもなぁ。
等と思ってると、入り口に見知った影が二つ。あれは・・・・・odさんとGULEさんかな?

にやり。
ここで見つけたが100年目、お二人には犠牲になってもらうしかないよねぇ。
勝手にパタパタしだす尻尾を宥め、冷静に最終作業を開始する。
耳栓・・・・・・・・・装着完了。ターゲット、ロック!

「突撃ぃぃぃぃぃぃ! 折角のパーティ、もっと楽しまないとダメですよ!」

同時にクラッカー攻撃。あーんどアルコールの飲み物攻撃。
折角のパーティだもん、楽しまないとね~。勿論、僕も。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
EDロール liangさん

そこは、パーティー会場から程近い公園。
liangと軍楽隊から来た3名からなる即席のアンサンブルは、そこで最後の調整をしていた。
「(ふむ…こんなもんだな。)」
何とか納得の行くかたちになったアンサンブルに心の中で頷くliang。
「(うちの軍楽隊は、優秀じゃないか。)」
わずか6時間程度の練習ながらも、よくここまで出来るもんだと感心していた。
事実、軍人とはいえ音楽の専門家である軍楽隊の腕前は見事なもので、所詮はアマチュアすぎないliangに合わせながらも(更にliangの我侭に付き合いながらも)、上手く補佐したのである。
と、そこで、アラームが鳴った。
「む!演奏やめ!」
liangの号令に、速やかに演奏が止まる。
「時間だ、これより会場に向う。」
liangはそう言うと、ニヤリと笑って、
「パーティーを楽しみに行くぞ!」
そんなliangに、
『サー!イエッサー!!』
これまた、ニヤリと笑いながら威勢良く敬礼するメンバー。
「それでは、liang軍楽分遣隊、出撃する!駆け足!!」
一行は隊列を組んで、歩調を数えながら楽しそうにパーティー会場に駆けて行った。
彼等の演奏は、パーティーを大いに盛り上げ、(liang多重人格説と共に)巷の評判なったという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト
  1. 2007/06/05(火) 05:56:08|
  2. 藩内娯楽

プロフィール

wochi

Author:wochi
わんわん帝國
ヲチ藩国


ヲチ藩国携帯版
ヲチ藩国携帯版


ヲチ藩国会議場
ヲチ藩国会議場


ゲーム用BBS携帯版
ゲーム用BBS携帯版


国内作業用BBS携帯版
国内作業用BBS携帯版


藩王:ヲチ男爵
王犬:いよの

国是:
←左参照

国民名 [プレイヤー名]:
ヲチ(藩王:男爵)
GULE
od(執政)
秋雪
石動 乃衣 [noi]
liang
戸裏 永流 [dumm]
砺波 一哉
タチコ
タチコジ
瀬戸口まつり(摂政)[築山]
レオン
しまはる
以上12名

・BBS
・ゲーム用BBS
・ヲチ藩国会議場
・ヲチ藩国Hiki(暫定)

・ヲチ藩国ウェブメール

・ヲチぷれす
・国内作業BBS

・ページトレーサー
・ゲートトレーサー
・簡単申請マイルくん

LINK:
・無名世界観総合サイト
【Central World Time Gate】

・大儀式魔術アイドレス(大絢爛舞踏祭・テンダイス)
・ニュー・ワールド・チャット(NWC)

近隣国
悪童同盟(高知県)

現在逗留中の有名人
海法紀光
ミュンヒハウゼン
炎熱編集櫻井

瀬戸口高之
瀬戸口ののみ

現在(ターン12)の聨合国
悪童同盟

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。